新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

★50代!アラフィフ母の歩き方「安い食品には何かある!システム料理で自炊する方法(2)」

f:id:bosikateinokotu:20181208213800j:plain

 

どうも私は前置きが長くなっていけません😩。

書き始めるとどんどん長くなって本題にたどり着けない・・・

なので、今回は単刀直入にシステム調理に入ります!

 

詳しくはこちらをどうぞ😊↓

 

www.bosikateinokotu.work

 

システム調理開始〜🤗!

 

1、ヘルシオでナスとピーマンときのこの炒め物を作ります

① ヘルシオの天板にクッキングシートを敷きます。

② ナスとピーマンと油揚げと舞茸をどんどん切って①に散らします。

f:id:bosikateinokotu:20181208212652j:imagef:id:bosikateinokotu:20181208212709j:image

↑ピーマンはヘタだけ残して斜めにカットしていくと時短になりますよ〜😊

f:id:bosikateinokotu:20181208212800j:image

↑野菜クズは都度金属ザルに捨てていきます

f:id:bosikateinokotu:20181208212837j:image

↑油揚げは冷凍しておくと便利!今回も冷凍庫から出して少したったものをそのまま短冊切りにしました!

 

③ ②の上からオリーブオイル、醤油、塩こしょう、生姜粉末をかけます。

f:id:bosikateinokotu:20181208212947j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213013j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208213138j:image

↑この生姜粉末はとっても便利なので、冷蔵庫に常備しています。(入れるとひと味違うんです)

 

④ ヘルシオにお水をセットし、おまかせ→炒め物ボタンを押します。

あとは勝手に調理してくれるのでほったらかします。

f:id:bosikateinokotu:20181208213058j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208213108j:image

↑これの炒めるボタンです!

f:id:bosikateinokotu:20181208213213j:image

 

 

2、電気圧力鍋でキャベツのトマトスープを仕込みます。

① 電気圧力鍋半分に浄水器の水を入れ、自家製粉末だしとローリエをふりかけます(今回は忘れたので後から入れてます😅)。

 

② ①にキャベツのざく切り、えのきとしめじ、バラ凍結の豚肉を入れます。

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213353j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208213417j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208213433j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208213445j:image

しめじの写真を撮り忘れました😅

 

③   上からトマト缶をどどっと入れます。

f:id:bosikateinokotu:20181208213539j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213554j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213620j:image

↑お水をひたひたになるまで足します。

 

④ 蓋をして「肉」ボタンを押してほったらかします。

f:id:bosikateinokotu:20181208213636j:image

 

3、ヘルシオでキャベツを蒸して温サラダにします。

① このあたりで1の炒め物が完成するので、すかさずジップロックコンテナーに小分けにして冷まします。(クッキングシートを外せば天板はさほど汚れていないのでサッと洗剤で洗います)

f:id:bosikateinokotu:20181208213800j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213828j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213841j:image

 

② ①の天板を布巾で拭いて、新しいクッキングシートをのせます。

 

③そこにキャベツのざく切りをのせていきます(今日は間違ってキャベツを2玉買ってしまったのでキャベツ料理ばかりですが、いつもならここで人参サラダとか肉料理を作っています)

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213902j:image

 

④ ヘルシオに③の天板を入れ、おまかせ→蒸し料理ボタンを押します。

あとはほったらかします。

 

4、野菜クズを金属カゴにためておき、コールマンで干します。

長いこと、まとめ料理するたびに出る大量の野菜クズが大きなストレスでした。夏場なんかはすぐ嫌な匂いがするし・・・。でも、干してから捨てればいいんだ!ということに気づいてからものすごく気分が楽になりました🙂。

① 料理しながら出る野菜クズは、全部この金属ザルに入れておきます。

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213931j:image

 

② それをコールマンに入れてベランダで干します(すると、夏なら二日ぐらいで小さく軽くなり、これがあの処分が面倒な野菜クズか?と疑うほど楽に捨てられます)

 

f:id:bosikateinokotu:20181208213951j:image

 

5、プラごみはセロテープで小さくまとめて捨てます。

① 料理していると食材を包んでいるプラごみも半端ない量になるのですが、これをセロテープでまとめてから捨てると、プラゴミがいつもの半量ぐらいになって快適です。

 

f:id:bosikateinokotu:20181208214006j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208214042j:image

 

 

おまけ:圧力名人で発芽玄米を炊きます。

この自動発芽玄米炊飯器はシステム調理とはちょっと意味合いが違いますが、超お薦めであることは確かです!何しろ、面倒な発芽玄米が自動で炊飯できるんです。つまり、ほったらかしでOK。

これもいずれまたご紹介しますね。

 

f:id:bosikateinokotu:20181208214101j:image

 

そうやってあれこれほったらかしている間に他の家事をやってしまえば、昔の労働量とは比べものにならないぐらい楽にすべてが終わってしまいます。

 

出来上がった料理はすぐジップロックコンテナーに入れて冷まし、息子や娘や両親に配布。

 

蒸しキャベツには塩胡椒と胡麻ドレをかけてから蓋をして少しシェイク!↓

f:id:bosikateinokotu:20181208214123j:image

f:id:bosikateinokotu:20181208214140j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208214155j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208214209j:image

 

f:id:bosikateinokotu:20181208214222j:image

 ↑キャベツとトマトのスープも出来上がりました(仕上がりに味を見ながら塩と胡椒を入れました)

 

 

もちろん配布だけでなく、自分のお弁当やご飯の付け合わせにできます。

休みの日はこうやって3品〜4品作って配布しますが、平日はこの中から1品作って自分で何回かに分けて食べるので、毎日新しいおかずが補給されていき、結果いつも野菜やお肉たっぷりの生活が手に入るのです。しかも自家製発芽玄米ご飯も付いてきます。

 

こうやって自炊をベースにして、時々外で美味しいものを食べるというのが今の私の食生活となりました☺️✨

 

おかげで、人間ドックでは、数年前とは比べものにならないほど良い結果を出し続けていますし、最近実年齢を当てられたことはなく、だいたい3〜4歳は若く言っていただけています(笑)。

 

子供が2人とも出て行ってしまい、正直当初はかなり寂しかったのですが、こうやっておかずを届けることでみんなに健康のおすそ分けができているような気がして、今はちょっと幸せを感じています😚。

 

みなさまもぜひ、バランスの良い食生活を!!!

 

※昔の仕事で徹底的に衛生管理を仕込まれたので、写真を取るたびに手を念入りに洗わなければ気が済まず、それだけで疲れてヘロヘロになってしまいました(笑)。

 

あまり上手く写せなくてすみません💦🙇🏻‍♀️