新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

50代!アラフィフ母の歩き方「子供がなかなか独立しない」とお嘆きのあなたへ

f:id:bosikateinokotu:20190109084714j:image

最近私の周りでは、子供が「独立した!」とか「しない!」とかいう話で持ちきりです。

 

「独立されちゃった」と嘆く人達はその寂しさを語り合い、「一向に独立する気配がない」と嘆く人達はいつ自由になれるのかとため息をついています。

 

私はその両方の気持ちがよーくわかるんです。

…というのも、うちの下の子は芸の道を目指すようなこだわりの激しいタイプ。さらに結婚願望がなく芸の道にありがちな低収入なので、もしかしたらこの先一生ここで暮らしてたりして😱!と心配していました。

 

★反抗期も兄に比べると大変でした😢・・

 

 ★しかもしょっちゅう体調を崩して心配させる子でした😢

www.bosikateinokotu.work

 

もちろん、娘と暮らすのは楽しいことも多いので、いつまでも一緒にいてくれるのはありがたくもあるのですが、それはあくまでも私の立場で考えた話です。

 

私は独立せずに実家暮らしから結婚したので、その前に一人暮らしして経験を積んでおけばよかったととても後悔しているんです。

やはり、一人で何もかもやる一人暮らしというのは半端ないサバイバルスキルが得られると思うんですよねー。

そして、完全な自由を手にすれば、庇護されるありがたみもわかるはず!

まして結婚する気がないのであれば、やはり一度は1人で暮らさないと娘の成長に繋がらない!と私は確信していました。

 

 

なので、子供にはどうしても一人暮らしを一度経験して欲しかったんです。

 

そんなわけで、私は

 

「娘が一人暮らしをしたくなる作戦」を遂行しました!

 

 

すると、一年も経たないうちに独立!

 

この作戦のおかげだけではないと思いますが、

娘を知る誰もが独立は100パーセント無理!と断言していたにもかかわらず、こんなに早くすんなり成功してしまったのです😆‼️

 

それでは、その作戦の全容をご紹介しましょう!

 

それは…

 

◎出来るだけ居心地悪くする

 

ということだけ!

 

 

 

その詳しい方法はこちらです↓

 

①就職したら家に家賃と光熱費を入れさせる(わずかでも)

②食事は基本自分で用意(もちろん後片付けも)

③自分領域の洗濯や掃除は自分でやる(これは昔から)

④私の知り合いを呼ぶ

⑤終電外泊はLINEで追跡して説教

 

いやあ、こうして並べてみるとなんて嫌な親なんでしょうね😞。

 

でも、独立は絶対に娘のためになるからと心を鬼にして実行しました。

 

娘の友達には、収入が少ないからと友達とシェアして暮らしている子もいます。

娘は当時、狭いしプライバシーが無くなるからそれは嫌だと言っていました。

 

しかし、結果的にはシェアハウス系の住居を見つけ、会社の家賃補助をゲットして出て行ったのです🙆‍♀️

 

つまり、それほど実家が窮屈だったということ!

 

これからどうなるかわかりませんが、もし何かに躓いたとしても、よほどのことがない限り戻ってこないはずです。

だから、もし戻ってきたいと言ってきたら、それは命のSOSなので快く受け入れるつもりです。

 

「子供が出ていかないのよ」と嘆いている友達の家は、大抵快適で居心地がよく、下手をすると友達が衣食住の面倒を見たりしているのです。

 

数年前にそれを聞き、それではお子さんは出ていかないと思いました。

 

子供に嫌われてもいい。

親は、子供は親が死んでも力強く生きていけるようにしてあげなければならない。

 

私の中のDNAはそう教えてくれました。

 

 

もし、お子さんがなかなか出ていかないとお嘆きの方がいらっしゃったら、この作戦を是非お勧めします😊。

 

独立は寂しいけど、必ずお子さんにも私達親にも成長をもたらすはず!

 

一緒に頑張りましょう!