新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

私の「卒母活」、いろいろありながらも今やっと大海原に漕ぎ出した感じです(^^♪

昨日の帰りにいつものようにYOUTUBEを聞いていたら、
偶然西原理恵子さんが「卒母のススメ」について語っているのを発見しました!


西原理恵子氏「子育て終わり。お母さん卒業」のコメントに絶賛の声!?

 

数年前、この「卒母のススメ」のドキュメンタリーを見たことがあるのですが、
その時の私はまさに子育て真っ最中で卒母の状況がイメージできず、
まだ下のお子さんが16歳なのに残酷だなあ・・・なんてぼんやり思っていたものです。

しかし、子供が続けて独立してしまった今、
この「卒母」の意味が心に迫りました。

そう。まさに今の私の気持ちにぴったり。
子どもたちよ、ここからは自分の力で歩いて行くのよ。
お母さんはお母さんの人生を楽しむからね。
でも、いつでもここに来て羽を休めてもいいんだよ。

私は最近本当にこんな気持ちになっていたので嬉しくなってしまいました!

 

 

心配だけど、不安だけど、子供の力を信じよう。
私が命をかけて育ててきた子供なんだもの、絶対に大丈夫!!


*******************************

そんな気持ちで始めた「寒い部屋を暖かくしよう作戦!」は
おかげ様で滑り出し快調です。朝起きた時、帰宅した時、寝る時と効果を感じ、そのたびにニコニコしています。

ただ、タイルカーペットはまだ仮置きしただけですし、カーテンボックスにも着手できておらず、トイレや玄関扉とリビングを曲がるカーテンレールで間仕切る案も未着手。


タイルカーペットが仮置きのままになっているのは、ドアにひっかかるという問題が解決していないからなのですが、なかなかいい案が浮かばない中、昨夜急にメーカーに質問してみようと閃きました!
幸いドアには型番やメーカー名が残っていたので、早速メーカーに写真付きのメールを送り、今は待ちの体制です。

 

 

そして・・・・・・
忘れてしまいたいけど忘れられない大問題は・・・・ゴミ。

 


実は先日、売れそうなものだけを見繕って段ボールに入れ、
買取王子という馴染みの不用品回収業者さんにそれを送ってみたのですが、
なんと査定額はまさかの20円!
今まで何度か利用させてもらったのですが、こんなに安いことはありませんでした。
(それに、今までは何箱も送ることができたのに、今回は2箱までとなっています)
それでも、捨てるよりはマシと気持を切替え、20円のAmazonポイントをもらってから
さらに買取りをお願いしようと思ってマイページを開くと、見慣れないエラーメッセージのようなものが出てきました。

 

f:id:bosikateinokotu:20190122185352j:image

 

「前回の買取金額が基準に満たなかった為、 お申込みができなくなっております。

えー!

どういうこと?????

あれこれ探したところ、同じような目に遭って買取王子に問い合わせた方のサイトを発見!一度このメッセージが出てしまうと新しいアカウントを作成しない限り買取は拒否され続けるとのこと。理由ははっきり言ってくれないそうです。

あんなに一生懸命売れそうなものを選んで除菌シートで綺麗にしたのにダメだったんですねー。私は結局ゴミを送ってしまったのか・・・・

今まで私が暮らしていた一部屋には不用品が入った段ボールが山のように積み上げられています。これらを撤去しないことには断捨離が進みません。

仕方がないので買取王子以外の方法を調べてみたところ、<軽トラ1台1万4500円>と言う文言を見つけました。


これほんとになんでも持っていってくれるのかなあ・・・・
頼んでみたら、これもダメあれもダメなんてことになったらどうしよう・・・・
でも、もし全部根こそぎ持っていってくれるならば、なけなしのお金を払ってでもお願いしたい。
買取王子に見捨てられた私は、ニューフェイスの軽トラくんにかけることにしました。

(見積もりの結果はまたご報告しますね!)



ここからは妄想です↓

この部屋を綺麗にして誰かが来たら簡単に泊まれるようにしたいのです。
いつでも清潔な布団と部屋着を用意して。
そうすればちょっとしたシェルターになって役に立つのでは・・・・

子供たちはもちろんですが、子供の友達、私の友達などを泊めてあげたい。

普通、配偶者がいるとそう簡単に誰かを止めることができませんが、
1人ものは、自分の一存で泊めることができます。
私は離婚する前、家出したい、帰るぐらいなら失踪したいと思ったことが何度もありました。しかし親のところに行けば過剰に心配されるし、
友達も既婚者ばかりだったので泊まりに行くことができませんでした。
それがとても辛かった・・・・。

例えば、変な話ですがお嫁さんが息子と喧嘩をして家を出たいと思った時、
ちょっと気分転換に泊まりに来たりできないかなぁと思ったりして。

そんな妄想があるので、あの部屋の不用品を一日も早く処分したいのです。

さらに、次は直近で出て行った娘の部屋の不用品処分が待っています。
(6月までは手を付けない約束)

なので、一度軽トラを利用してみて、看板に偽りが無かったらまたお願いしたいなあと思っています。

娘の部屋が空いたら、そこはちょっとした勉強部屋にしようかなと考えているんです。
カフェなどで勉強する代わりにここで勉強できるようにしたら、誰かが集中したい時にいいかなあ、なんて・・・・
こうやってこの家がみんなのためになる方法を考えていると、どんどん楽しくなってきますね。

それが今の私の原動力になっているようです。


一方で、既に暖かくて綺麗になったリビングに両親を呼んで、ふるさと納税で買う予定の高級お肉で焼肉パーティーも企てています。


みんなが楽しく暮らせるといいな。
そして、一方で私も趣味や仕事を精一杯楽しんでいきたいと思っています。

卒母って寂しいけれど、新しい自分の世界が開けることでもあるんですね!
子どもたちが「お母さんってほんとおもしろいよねーどこにいるんだかわかんない!」って呆れるような、元気で楽しいおばあさんになりたいです☺️