新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

◎50代で知りたい!「心理カウンセラーに必要な心構え」

普通に暮らしていると、カウンセラーさんって遠い存在だと思います。

でも、優れたカウンセラーさんに巡り合えると、本当に人生が好転するんです!

私は離婚するときボロボロの状態でしたが、優秀なカウンセラーの先生に救われました。

そして、自分も苦しんでいる人を救えるようになれたらと思い、カウンセリングの勉強を始めました。

 

今日は、一番最初に教わる、その心構えについてご紹介します。

 

**************************

カウンセラーになるために1番大切な事は何だと思いますか? カウンセリングを実践するための知識・技術・心理学的な専門的知識など、いろいろなことが頭に浮かんできたのではないでしょうか?

多くのカウンセラーが、実際にカウンセラーとして仕事をし始めてから非常に重要に感じる事は、自分自身を理解することです。

あなたは自分がどんな人間なのか正確に理解できていますか?

ここでは、まず自分を理解することから学び始めていきます。

その理由はなぜなのかを、とても大切なことなので詳しくご説明していきます。

 

自己理解の重要性

なぜカウンセラーに自己理解が必要か?、それは、カウンセラー自身が自分がどんな人間かを理解していないとクライエントに悪影響与えてしまう可能性があるためです。

カウンセラーも人間であり、過去に様々な体験をし、多くの苦しみを抱えています。

しかし、カウンセラーの実践経験は価値観や常識となり、その視点でクライエントの状態を見てしまうと、クライエントの状態を歪んで捉えてしまうことがあるのです。そのため、カウンセラーは自己理解を深めておく必要があります。

 

楽しく学びを深めるために

まずは自己理解を深め、カウンセリングを行うときのベースになる心理学的知識を学び、カウンセリング知識・技術・実践対応・ノウハウまで深く学んでいきます。

学びの作業はとても楽しいものですが、情報量の多さや自分と向き合う苦しさで頭が混乱したり覚えられないことに不安を感じるかもしれません。

そんな時はひとりで悩んだり苦しんだりせず、先輩カウンセラーのカウンセリングを利用して、充実感を味わいながら楽しく学びを続けていきましょう

 

理想のカウンセラーになるために

これからあなたが目指すカウンセラーとは、心の苦しみに耳を傾け、ともに問題解決に向けて歩んでゆく存在です。

カウンセリングは、カウンセラーの人間性がクライエントの回復過程に大きな影響を与えます。

心理学やカウンセリングに関する学びを始める前に、まずはカウンセラーになる基礎づくりである自己理解を深めることから始めていきましょう。