新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

✳︎若い人たちから嫌われるおばさんが気づかずやっていること

前回のおじさんバージョンに続き、今日はおばさんバージョンを。

 

私は担当部署の可愛い派遣ちゃんと仲良しなので、彼女とランチに行くたびにおじさんやおばさんの悪口を聞くことができます😅。

そこには他の課の美しい派遣ちゃんや、その派遣ちゃん目当ての若手男性社員も参加してくるので、まるでリアルTwitter炎上!

 

彼らの悩みの大半は無神経な勘違いミドル&シニアなのです。

彼らの怒りを聞いていると、もっともだと思うものもありながら、自分もうっかりやってしまいそう…と思うようなものもあり、時々冷や汗かいてます💦。

 

なのでここで、ご同胞の皆様に謹んで共有させていただきますね🙇🏻‍♀️💦

 

 

【その1】仕事をさぼる

適当な理由をつけて仕事をさぼり、堂々と若い人に押し付ける。

(中年になればなるほど図々しさが増し、当たり前のような態度で押し付けてくるのが許せないそうです。因みに、サボっていることが周囲にバレているとは気づいていないケースが多いようで、それがさらなる怒りを買っています)

 

【その2】仕事ができないのに努力しないで逃げる。

(その逃げ方がえげつないとのこと。いい歳して「やっだあ〜、わかんない〜」などと嬉しそうに言われると殺意が湧くらしく…。仕事ができないのは仕方がないが、努力する気もない奴はゴミ、だそうですよ)

 

【その3】若い男性社員をアゴで使う

(何を勘違いしたのか、「○○くん、これやっといて!」とか「ちょっとお、私のいうことがきけないの?」とか、トレンディドラマ引きずるんじゃねえー!とのこと。よほどの美人か出世組以外はあり得ない態度だそうです)

 

【その4】愚かなマウンティングを繰りかえす

(「私の友達がボスコンにいるんだけどさあ」とか「うちの親社長やっててー」とか、そんなのどうでもいいんですけど!って叫びたくなるそうです。とにかく若い人たちはおじさんおばさんの自慢話なんかこれっぽっちも聞きたくないんですよねー。やめましょう、ほんとに。気をつけなきゃ💦💦💦)

 

【その5】ダサい

(うちの職場には40代後半でミニスカート+生足という猛者がいるのですが、特に若手男性社員達が猛烈な勢いでそれを憎んでいます。

 

さらに、彼女は耳垢溜まりまくりなんだとか。

他にも、頭のてっぺんだけ白い夏の富士山おばさん(白髪)や、鼻毛が見え隠れするバカボンのパパおばさんも生き物として情けなさ満載みたいです(そりゃそうだ)。

 

 

いやあ、よく見てますよねー💦💦💦

でも思い起こせば自分も若い頃、そんなようなこと言ってたかもなあ😢

因果はめぐる…

 

そんなわけで、若者と共存したければ、いつまでも緊張感を持って暮らさなければならないのです😣。

 

どうやら緊張感失ってることに気がつかなくなっているのかもしれませんね、我々は😢。