新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

忙しくても美味しいもの食べたい!時短レシピ!稲荷風にぎり

子供達も私もお稲荷さんが好きなんですが、忙しい朝にわざわざ油揚げを煮て寿司飯を作り、しかも一個づつ詰め合わせるなんてどう考えても無理。

でも、コンビニのお稲荷さんのツーンとした甘さや、汁がしたたるような揚げの湿り具合がどうしても苦手でした。
 
でも、やはり何とかして手作りお稲荷さんの味を食べさせたいなあ(食べたい!っていう気持ちも強くて(笑))と思って一生懸命考えました!
 
私の場合、結局何が一番のネックになるかというとそれは揚げに寿司飯を詰めるところなんですよねー。
手が砂糖や油でベタベタになる上にとても時間がかかります。
それがおっくうだからやらなくなったのかもしれません。
 
 
だったら詰めないで混ぜちゃえば?
 
ある時私は閃いたのです!
 
そうだ!短冊に切った揚げを煮込んで、それを寿司飯に混ぜればいいんだ!食べちゃえば味は同じ!
さらに、
そうだ!その時揚げを2回分作っておいて半分は冷凍しよう!そうしたら次回は手間が省ける!
と、気がつきました。
 
そしてそして
さらに!
揚げだけだとさみしいから、蓮根も入れちゃえ!と、酢蓮根も2単位作ることに。
 
 
すし酢は案外簡単にできます。
 
お米に水をすし飯ラインで入れて炊き上げ(というとかっこいいけど、ただの自動炊飯です😅)、これに先ほどの短冊油揚げと酢レンコンとゴマをたっぷり混ぜて、ラップおにぎりにすれば本当に簡単に手作り稲荷の味が楽しめるんです。
 
 
その時、冷凍のエビや明太子があるとさらに豪華になります。
 
 
時間のある時は錦糸卵をのせて包むととても美味しいです。大人には冷凍しておいた紫蘇をのせると尚上等になります!
 
冷凍してもイケます。
 
寝坊した朝、これのおかげで何度も助けられました。
 
 
では、早速作り方を書きますね!
 
 
①前の日の晩、お米を三合セット(水加減は寿司飯)
 
②前の日の晩、レンコン(手のひらサイズ)を薄くスライスして酢水(中ぐらいのボールいっぱいのお水にお酢大さじ2ぐらい)に漬け、10分たったらざるにあげて半分は①のお米の上にのせ、半分はジップロックに入れて冷凍します。
 
③朝、油揚げ6〜8枚を湯沸しのお湯に晒して手で絞ります(いわゆる油切り。最近の揚げはしなくても美味しい)。それを短冊に切り、調味料(水(だしだと尚いい)200cc、砂糖大2、醤油大2)で煮込みます。
 
④すし酢を作って(砂糖大5、酢大6、塩小1.5をレンジで1分加熱→混ぜる)炊き上がった①に混ぜます。
この時ごまも入れてしまいましょう。
 
⑤④を扇風機の下に置いて少し冷まします。
(冬場はこのプロセスは必要ありません)
 
 
⑥④に③の半分量を混ぜ、残り半分はジップロックに入れて冷凍します。
 
 
⑦※おにぎりの型にラップを敷き、どんどん⑥を入れて握っていきます(具を入れるのはこのタイミング)
完成!
 
 
そうそう、この時※おにぎりの型を使うととても便利!いつも愛用しているのはプロのおにぎり屋さんも使っているという優れものです。
私は普通のおにぎりもこれで作っています。
熱々の炊きたてご飯で作るおにぎりは格別ですよ!その作り方もまた、ご紹介しますね!