新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

社長目線!で仕事はすべてうまくいく!

仕事をしていると決まって理不尽なことにぶち当たります。
 
もー!なんでこうなってんの?
 
頼むからここはやってよー
 
どうしてこうしないのよー
 
など、だれでも必ずそう思うことがありますよね。
でも、そういう時こそチャンスなんです!!!!
 
会社は意地悪でそうしているわけではなく、いろんな事情が積み重なってそうなってしまったので、上層部になればなるほど細かい箇所の改善点はわからないんです。 
 
そして、当たり前ですが会社は個々人の事情より会社の将来を優先させるもの。
 
例えばあなたがパート社員やアルバイトであっても、「もし、私が社長だったらどうするだろう」と考えてみてください。
 
 
例えば「◯◯さんが意地悪だからどこかに異動させてほしい」
という不満があなたにあったとします。
 
会社からすれば、どんなに意地悪であろうと、◯◯さんが有能であれば飛ばすことは考えにくいんです。
もし◯◯さんが無能だとしても、それはそれで他に移動させる部署が無いということがほとんど。
 
 
ですから、上層部にとってはそんな情報はさほど価値がないわけです。
 
そんな時はこう考えます。
 
 
◯◯さんが意地悪
→◯◯さんのせいで仕事がしにくい
→◯◯さんは在庫一覧表を更新せず、自分の頭の中だけで情報を整理して、気に入らない人には教えなかったりするから仕事がしにくい
→◯◯さんが在庫一覧表を管理しなければいいんだ
→ちょっとたいへんだけど、私がそれをやったらどうだろう?
 
と、こんなふうに何が仕事をする上でのネックになるかを考えます。
 
そしてまずはリサーチ!
 
在庫一覧表とは本来どうあるべきなのか?
なぜ◯◯さんが管理するようになったのか?
他にも困っている人はいないのか?
どんなスキルがあれば在庫一覧表を管理できるのか?
など、◯◯さんに焦点を当てず、障害になっているものについて徹底的に調べ、それを改善する策を考えるのです。
 
 
そして、
あなたが考える理想の「在庫一覧表」を作り上げましょう。
その理想の在庫一覧表を管理するプロセスも考えます。
棚卸しはいつか?から始まり、誰が表を更新していくのか、まで考えられると最高です。
誰が、のところは個人名ではなく役職名や担当者名にしてみるのです。
 
 
そんなことをしていると、会社の状況にかなり詳しくなります。
そして◯◯さんの置かれている状況もよくわかるようになります。
これだけでも自然と大きなスキルアップになるわけですが、こんなことをしていると決まって大きなチャンスがやってきます。
 
例えば休憩室で役員から話しかけられた
帰り道で部長と一緒になった納会で課長と隣になったなどなど
 
 
その時
「どう?最近」などど聞かれたらしめたものです。
 
 
「仕事の効率化を考えると在庫一覧表に大きなチャンスがあるような気がしています」
なんて答えると向こうはきっとびっくりするはず。
 
 
そんなこと考えてるパート社員さんはほぼ居ないからです。
 
 
きっと「へえー、それちょっとゆっくり聞かせてよ」と言ってくるでしょう。
もし言ってこなかったらその上司は✖️。もう相手にしないことです。
 
 
 
私の会社は大きいからそんなチャンスない!
とか
逆に小さすぎて上はカスばっかり!
だとか
情報収集したくてもそんな糸口ない!
という方もたくさんいらっしゃると思いますが、とにかくここで大事なのは「意識」なんです。
 
 
仕事しながら文句ばかり言っていても未来は開けません。
 
 
せっかく働くのだから、文句を言うのではなく社長目線で仕事を眺めてみませんか?
 
 
この会社が自分のものだと思うと、改善すべき点はたくさん見えてくるはず。
 
 
そうしているとテレビの経済ニュースや新聞もおもしろくなってくるんです。
 
 
そのうち本屋さんのビジネス書コーナーに行くと読みたい本がたくさん出てきますよ。
そうなったらしめたものです。
 
 
今まで閉ざされていた「経営」の扉が少しづつ開かれていきます。
 
 
母子家庭には経済力が必要不可欠。子供が巣立った後でも自由で楽しい人生を送るために、ぜひビジネススキルをあげていきませんか?
 
 
その第一歩が社長の目線で会社を見ること!
今日からぜひおすすめします!