新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

上司が怒る理由2(上司がダメ人間だった場合)

前回、上司が怒る理由について書かせていただきましたが、あれはごくごくまともな上司の場合です。

世の中にはいろんな人がいますが、会社だって例外じゃないんですよね。

つまり、出世はしても人間的には最悪!という上司も多々存在します。

自分のストレスを部下にぶつけて解消するタイプもいますし、気に入らないからといって徹底的にイジメるタイプもいます。

そんな人に出会ってしまったあなた。

そして、その人間のせいでもう限界だと思うほど心が折れてしまっている場合。

そんな時はまず会社を変われないかどうかを検討します。なぜなら、そのタイプはどんなに頑張ろうとあなたを攻撃してくるのでそんな人と一緒にいるのは時間の無駄、心の無駄になるわけです。

まあ、人間的な修行にはなりますが、ボロボロになっている今、望んで修行することは無いのです。

でも、ものすごく嫌だけど心が病むほどではないと思った時は辞めてしまう前にひとつやっていただきたい方法があります。

それは、徹底的に静かに反撃すること。

部下に理不尽な怒りをぶつけたり虐めたりする人間は本当はものすごく臆病なんです。だから自分より立場の弱い人間しか虐めません。そして自分がやばいと思うと必要以上にオロオロするものです。

つまり、自分の精神が危ないので他人を攻撃して均衡を図っているケースがものすごく多いわけです。

ですから、標的になってしまったと思ったら、逆にガン無視。そして何気に睨みつけ、とにかく向こうに憎しみをぶつけます。

それはもう、向こうに生意気だと思わせる隙もないほど恐怖感を与えるんです。

中途半端はダメです。

こいつ、刺してくるんじゃないか?やばいんじゃないか?と思わせるほどに憎しみをぶつけます。

向こうは必ずやオドオドし始めます。

さらに意地悪をしてくるかもしれませんが、心の中では絶対に狼狽し、怯えています。

何しろ本当はものすごく臆病なんですから。

その間にあなたは別の会社を見つけて避難しましょう。何もしないで泣きながら会社を辞めるのは最も残念なパターン。

実はこの方法は、自分を強くする訓練なんです。

危害を加える相手には徹底的に立ち向かうという訓練。

その力が足りないと、新しい職場でも新しいダメ人間の標的にされてしまうんです。

ダメ人間はどこにでもいます。だからそんなヤツにやられてたまるか!という強い心を持ちませんか?

その強さがきっとあなたを守ってくれますよ。