新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

心が何かに囚われる時

心が何かに囚われる時ってありますよね。
例えばそれは子供のことだったり友達のことだったり仕事のことだったりするわけですが、そんな時私は前述した1人ミーティングで今の自分を客観的に見ると共に、なりたいと思っている理想像を見つけて比較するようにしています。
例えば…
自分が理想とする生き方をしていると思われる芸能人の憧れポイントを書きます。
できるだけ具体的に。
そして、次に今の自分の立ち位置を書いてみます。
そうすると、すごく焦るんですよね〜。
やばい!私全然ダメじゃん!って感じで。
で、次に何を解決していけばいいかを書きます。
例えば年収とか容姿とか汚れた家の中とか乱れた食生活とか(笑)、とにかく自分が嫌だなあと思ってることを書きます。
そしてどうすればそれが改善できるかを考えるんです。
そうなると、必然的に「勉強する」とか「痩せる」とか「時間配分を見直す」とか、そんな話になりますよねー。
で、これが狙いなんですけど、そんなことを真剣に考えていると、何かにとらわれていた心が急に視野を広げ出すんです。
私、こんなこと悩んでる場合じゃなかった!!って。
私の人生ってこれの繰り返しだったかもしれません。
実は昨日もある別れがあり、そのことに心が囚われて数日間何も手につかない状態でした。でも、ありがたいことに昨日目の前に私の理想像が現れたんです。私がこうなりたい!と思っていることをいとも簡単に、しかも華麗に披露してくれていました。
さらにありがたかったのは私よりかなり年上の方だったんです。
私は例のごとくハッとしました。
こんなことしてる場合じゃない!
人生は前にしか進みません。もし悲しみに心が囚われてしまったら、ありったけの力を使って心を未来に向ける必要があるんです。
それは自分の生命を守るために。
それを続けてきた心は圧倒的に逞しく成長します。
生き物の世界は弱肉強食が当たり前。
生き残りたかったら強くならなければなりません。
私はいつも自分にそう言い聞かせています。
私は絶対に負けない、と。
本当は弱虫で怖がりで身体が弱くて学校を休んでばかりいた私でしたが、「希望の火」が消えなかったおかげで本当に逞しくなりました。
この方法、ぜひお試しくださいね!