新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

綿の下着とパジャマ

暑くなってきましたね〜
私は数年前突然身体が痒くなり、どうしたものかとあれこれ試した結果、綿の下着とパジャマにたどり着きました。
今までは素材にはほとんど関心がなく、風合いとかデザインで購入を決めていたのですが、いざ自分のワードローブ?をよくよく見てみるとポリエステルだったりレーヨンだったりの化学繊維がかなりのウエイトを占めていたんです。
食品添加物の勉強をしていると、天然ものと化学合成ものの違いがよくわかるのですが、恐らく繊維だってそうなんだろうなと思った私は、早速綿の下着とパジャマを購入。
すると、驚くことに汗をかいても以前のように張り付いてくるような不快感がないんですね〜。しとっと汗をかいて、それが吸収されていく感じです。
気分もあるのかもしれませんが、そういったものに包まれているととても気持ちが安らぎます。
そう思うとどんどん極めたくなる私です。
次はシーツを綿に変え、布団カバーも綿にしてしまいました。
もうそうなると夜が待ち遠しい!
おまたせ、私の綿寝具たち!という感じで布団に滑り込み、その肌触りに満足しながら眠るのでした。
で、次は洋服も綿にしたくなり、シャツやカットソーを買ってみたのですが、ここでは綿はやや劣勢になりました。
なんとなくやぼったい(笑)、そして洗うとシワシワになるんですね〜。
まあ私はかなり低予算で揃えているので、お金を出せば違うのでしょうが、化学繊維が入るとハリが出たりツヤが出たりしておしゃれ。それに洗ってもアイロンなしでパリッとします。
ふうん、なるほど、だから化学繊維がこんなにも普及したのねーと納得した次第です。
そこで今の私は、下着やパジャマや寝具やタオルは綿、その他は用途に応じて使い分けています。(子供達にも可能な限り!)
そんなことをしているうちに、あの痒みはどこにも無くなっていました。
そうそう、今年も夏のパジャマを出そうとしてびっくり!なんと虫に食われてました!!!
そうか、綿素材は虫が食べちゃうんだー
化学繊維には見向きもしなかった虫くんたち、ごめんね、防虫剤買ってくるね。
みなさんも今年の夏は自然素材に包まれて眠ってみませんか?安い自然素材ものは私たちの大先輩が使う下着コーナーで売っています。お買い得コーナーにもなると色やデザインがちょっと気に入らないかもしれません。でも、寝るときだけ!って割り切れば大丈夫(笑)。
ほんと、快適ですよ〜