新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

なぜロクデモナイ男ばかり寄ってくるのか?

娘が言いました。

私ってさ〜、何でロクデモナイ男しか寄ってこないのかなあ〜

私はすかさず

当たり前じゃん。本当にいい男はね、自分から告白する前に目ざとい女の子に狙われて猛攻撃受けてあっという間に結婚まで持ち込まれちゃうからなんだよ。

つまり、待ってたら残りしか寄ってこないの

娘は目を丸くして

なるほど〜

と言いました。

でも

だけど私自分から告白するなんてプライドが許さない!絶対自分からは嫌!

とも言いました。

わかる。

わかるんだよねえ、ママもそうだったもん。

でも、だからこうなったのかもよ。

と私が返すと、ぎょっとした顔をしながらも

私はママとは違うの!ママみたいな失敗は絶対しないんだからね!

という娘(^◇^;)。

頑張って成功してほしいものです。

でも、不倫が多いのって結構こんな事情も影響してるんじゃないかって思うんですよねえ。

力技で結婚に持ち込まれた夫が現実に気づいて後悔する…

力技で持ち込んだ妻が、そもそも肉食系だからすぐ他の男が気になって仕方なくなる…

もちろんその逆も成り立ちます。

だから私は言いたい!

女子よ、プライドなんか捨てて、いいと思った男子が居たら徹底的に攻めなさい!

男子よ、好きでもない女にガンガン攻められて勘違い結婚するのは止めなさい!

って。

でも、それが自然の摂理なのかもなあって思わなくもないわけです。

だって、そうすることで異なる遺伝子が繋がっていくんですものねえ。遺伝子的には結合するなら遠ければ遠い遺伝子同士ほどいいらしいですし。

ま、とにかく、遠慮してちゃダメなんだよ!と、私は若い日の自分に言いたい(笑)。

そして、好きだ好きだと押されまくって、自分はこんなにも愛されてるって勘違いし、本当に好きなのか、合うのかも考えずに結婚したりしちゃダメだよ、とも言いたいなあ。

元夫は元夫で、酷い目にあった!酷い女だった、騙されたって怒ってることでしょうし。

でも、もしあれが無かったら可愛い子供たちにも出会えなかったし、何よりこんなにも波乱万丈な人生を送れなかったかもしれないので、あれはやっぱり必然なのかも。

遺伝子のすることは、何かと奥が深いのです。