新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

おにぎりの具の入れ方

おにぎりのコツ

以前、プロが使うおにぎりの型で握るおにぎりについてご紹介したのですが、今朝もおにぎりについて気に入っている方法をご紹介しますね!

私はできるだけ子供たちと同じ状態のお弁当を食べるようにしています。

そして、これはダメだな、これはすごく美味しい!などと体感し、ダメなものは却下しながらブラッシュアップを重ねてきました。

そんな中で、これは!と思っているのは具の詰め方なんです。

最初は昔祖母や母がやってくれたように、おにぎりの真ん中に具を詰めていました。

でもそれではご飯+のりの部分が多くなり、おにぎり三個食べる頃にはその味ばかり記憶に残ってしまいます。

今子供たちは年頃なのか糖質ダイエットに感化されており、ご飯満載のおにぎりは敬遠しがち。

そんな私も会社で食べていると、ごはんばっかりーという気持ちになっているのに気がつきました。

そこで、街のおにぎり屋さんをリサーチしてみると、なんと最近はおにぎりがサンドイッチのようになっているではありませんか!

えーと、つまり、具が層としておにぎりの真ん中に敷き詰められている!

だから横から見るとサンドイッチみたいに見えるんですねー。

なるほどーっと思い、早速やってみました。

(これ、手で握ってるとなかなか難しいのですが、型を使うととても簡単!)

すると、具がいつもご飯やのりと一緒に口の中に入ってくるのですごくいい感じなんです。

子供たちにも大好評!

ツナや焼肉、そぼろなど、真ん中にちまちま入れるのではなくどかーんと広げてのせて、野菜おかずが残ってたらそれも彩りに入れちゃう!

上から控えめにご飯を乗せ、粗塩をかけてラップでのりごと包みます。

あれ、これおにぎらずに似てる!

食べた感じもおにぎらず!

そうか、これは時代の味なんだなあ、なんて感心しながら、今日もおにぎらず風おにぎり作ってきました!

あ、ただし梅ではやらないでくださいね(笑)。

そうそう、私がどんなに忙しくても有りあわせでもいいからおにぎりを作る理由はですね〜、コンビニおにぎりの中に添加物が入っているのを知っているからなんです。

添加物なんかほんの微量しか入ってないのに、という人もいるけど、何もお金を払って身体に良くないものを摂取することないよね、と思うわけです。それに、慣れてくれな本当に短い時間で作れちゃう。自分の分だけじゃなく家族の分まで。しかもおにぎりだといつでも気楽に食べられるので、お昼に多かったら残しておいて夕方食べたりもできます(あくまでも冷房のある室内に限る)。

コンビニおにぎりやお弁当は手軽だし色んな種類があって楽しいけど、毎日食べるのはやっぱりオススメできません。

夜、炊飯器をタイマーでセットしておき、買い置きの佃煮とか梅干しとかでも充分なのでささっと作ってしまいませんか?

ちなみに最近うちでは雑穀米でおにぎり作ってます!

それから、おにぎりにオススメののりはこれ!極上ではないけれど、毎日作るからコスパが大事ですものね!