新)母子家庭のコツ

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!子供達が独立した今は、心理カウンセラーとサラリーマンの二足のわらじで頑張って暮らしています!波乱万丈の中で掴んできた人生のコツ、全部みなさんにお伝えします!!

やりたくて仕方ないことは、天から授かったあなたの役割です

日曜は本当に暑かったですね〜

 

それなのに私は合奏の練習に参加するため、大きな楽器を担いで、暑い盛りの12時30分ぐらいに家を出ました。

汗が噴き出してきて空気に救いがない中、電車とバスを乗り継いで会場に着くと、そこには私よりも年配の方含めたたくさんの楽団員さんたちがすでに集まっており、みんな真剣に練習していました。

 

こんなに暑いのに出かけていくなんて私って本当アホだなあと苦笑しつつ歩いてきたのに、ここには同じような人がたくさん!

 

やっぱり、好きなことってこうなんだよなあとしみじみ思いました。どんなに悪天候でも、やりたいから来ちゃうんですよね。

 

そういうものこそ、実は本能なんじゃないかと思うんです。

 

やりたくてやりたくて、止められてもやってしまう。

 

私は先日北海道の大自然の中で気づきました。

人間も動物も、大自然の構成要素であり、必ず何らかの役割を担っているはず。

それが何かを察知する必要はなく、すでに自分の中にある。

そう。つまりそれこそが本能!

 

例えばシャケの川上り。

なんでボロボロになりながらあんなことするんだろう?と不思議になりますが、あれはやれ!と命じられてできるものではないはず。

おそらくやらずにはいられないんだと思うんです。

 

もちろんいたずらはもちろん、命を奪うことや人に迷惑をかけることやお子さんを悲しませることは言語道断ですが、それ以外で自分がやりたくて止められないものがあったら、おそらくそれがその人の役割なんじゃないだろうかと私は思います。

 

だから、それをやめてしまってはいけないのです。

 

もし今あなたが、やりたくて仕方ないことを我慢せざるをえない状況なら、何とかやれるよう全力を尽くしましょう。

 

 

だってそれって本能なんですもの。

 

それをやることで必ずあなたは本来の自分を取り戻すことができるのです!