新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

会社に命を削り取られないで

仕事をしていてとても不思議なのは、朝も夜も休日も会社にいて仕事をしている人達がいるということです。

いつ家にいるんだろうと思うほど、会社にいる人達。

家族とはちゃんと過ごせているのだろうか?

プライベートの付き合いはあるのだろうか?

本を読んだり勉強したりする時間はあるのだろうか?

お掃除やお洗濯、お料理はできているのだろうか?

などと余計なお世話ですが心配になってしまいます。

中でも、怖い上司がいて帰りにくいというパターンが一番タチが悪いと思うんです。

人間の一生を考えると、会社に滅私奉公するだけの人は必ず最後に痛い目に合いますので、仕事以外の世界を広げることはとても大事。

でもそういった客観的な視点を持たずに、ただ上司に怒られるからと会社にいるのだとしたらそれは人生をドブに捨てていると同じことになるのです。

上司にもわかっている人とわかっていない人がいます。

私は思うんです。一番賢い人は会社と自分がwin-winの関係になる人で、自分の労働力を提供する代わりに会社からお金とノウハウを得て、会社が自分を不要とする時が来たらそのノウハウや資金を生かして独立する人だと。

(私もそうなれたらどんなにいいかと思っているのですが、お金もノウハウもまさにこれから蓄積するわけで、理想には程遠いのが現実です(笑))

だから、先々のために残業したり休日出勤してノウハウを蓄えるのはとてもいいことだと思うのですが、先のことは何にも考えずに、怒られたくないからだとか評価されたいからという理由だけで滅私奉公するのは、お金と引き換えに命を削っていることと同じだと思うんですよね。

削られた命は価値が低くなるので、退職とともに社会のお荷物になってしまいます。

私達は、自分の価値を上げるために会社を利用しなければならないんです。

くれぐれも、会社に命を削り取られた抜け殻にならないよう、頭を使って生きていきましょう。