新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

子供を信じていいのか迷ったら

子供を信じよう、とよく言います。

これ、当たり前のようでなかなか難しいことですよね。

例えば、なかなか芽が出ない子。

もっと厳しくしなければならないのか、あるいは暖かく見守ればいいのか。

かわいければかわいいほど、迷うものです。

また、周りはだいたいもっと厳しくしなきゃだめだと言うので、母親は追い詰められます。

まして母子家庭はなぜか母親が責められがち。

自分のせいでこの子がこうなったんだろうかと余計な心配をしてしまい、心臓が破裂しそうになった方も多いのではないでしょうか。

でも、私はいつも追い詰められた時思いました。絶対に信じて味方になってやる!と。

そして、あれこれ口出してくる人たちに言いました。

「何があろうと、私が最後の最後まで責任をもちます。大丈夫です。」と。

何の根拠があってそうしたのかというと…

それは再三ここでお話ししていることがポイントになっています。

つまり、自分が子供の立場だったらと思ってみる!

先のことなんか誰にもわかりません。だってまだ起きていないんですもの。ちょっとした気持ちの変化でいかようにでも変わるのです。

何をやっても上手くいかず、周りからダメなやつだと白い目で見られたら、本人が一番不安なはずなんです。

そんな時、母親までが厳しく責め立てたら、自分は本当にダメなやつだと思うに決まってます。

そんな精神状態で、力が発揮できるでしょうか?

そんな時、母親が毅然として周りに「この子はすごい。きっと芽が出る。私にはわかる。安心してくれ。責任は全部私が取る!」と言い放ったら、その子はどう思うでしょう?

もしかしたらやれるかも!

と思うかもしれません。

母親にあんな思いさせて申し訳ない!

と思うかもしれません。

馬鹿馬鹿しい。自分はだめなんだよ!

とふて腐れるかもしれません。

でも…

みんなと一緒になって自分を責める母親より、遥かに子供の心に残るのです。

ふて腐れるかもしれない。でもきっと、お母さんありがとう。と心の片隅で思います。絶対に。

だから、子供の将来を予言するのではなく、お母さんがいつもいつまでも味方するんだ!という意思表明をするという気持ちで、お子さんを堂々と信じてあげてください。

そんなお母さんを裏切って、犯罪者になるような人間は、私はいないと思っています。

堂々と、お子さんを信じましょう!

それは母親として当たり前のことなのです。