新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

親が大嫌いだという友達

ある友達は親が嫌いだと言います。

だから年老いたご両親のところに行くのは年に1回。お正月だけ。しかもおせちを食べたらすぐ帰るそうです。

あまりに親が嫌いなので、同じ思いをする子供を増やしたくないという理由で子供を持ちませんでした。

嫌いな理由はたくさんあり、それなら無理もないと思いましたが、私はついつい親側の立場に立ってしまいます。

なので、彼女からご両親の話を聞くたびに、複雑な気持ちになっていました。

でもお節介なことをしてはいけないと思い、何も言わずにただ話を聞いていたんです。

そのうち、おもしろいことに気づきました。

彼女は嫌いだと言いながら、何かにつけてご両親の話をするんです。特にお母さんの話を。

だから私は彼女によく自分と娘の話をしました。

母親にとってこどもがどんなに大事かということや、娘から優しくされると泣けるほどうれしいことを。

そして、今は子供の存在が心の支えであるということも。

彼女はそんな関係のうちの親子を羨ましがりました。

だから私は言いました。

親は親なりのプライドがあって、なかなか自分から素直になれない。でもどんな親でも子供がかわいいと思う時はある。

まして年老いて心細くなれば、子供から優しくされて嬉しくないわけがない。

ご両親が亡くなる前に、 そんな幸せを1度でもいいから味あわせてあげたら?と。

彼女は、うちの両親はそんなんじゃないんだよ、と言いました。

でも、私は何となく彼女がご両親に優しくしてみるような気がしました。

なぜなら、彼が私の娘と重なり、どんなに親の愛情を欲しがっているかが見えたからです。

欲しがっているのにくれない。

プライドを捨てて譲歩したのにまだわかってくれない。

そんな数々の裏切りが彼女を絶望させていたのではないかと私は思いました。

ある日、彼女からメールが来ました。

なんと、ご両親と並んで写っている写真でした。

そして一言

ありがとね

と。

親を許せない気持ちはわかります。

私の大事な友達はそれで結局亡くなってしまったのですから。

ただ、親御さんは年老いてます。

心細くなっています。

もし、少しでも、それを気の毒だ、心配だお思う気持ちがあれば、こちらから歩み寄ってみてはどうでしょうか。

ほんと、余計なお世話なんですけど、どうしても親側の気持ちになってしまいまして…

親なんかほんとに未熟で子供なんですよ。