新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

母子家庭のいいところ

母子家庭のいいところ

母子家庭というと、経済苦をベースにいろいろと暗いイメージが付きまといがちですが、とてもいいこともあるんです。

これは最近気がついたことですが、うちはごく普通に暮らしているつもりでも、周りの人達からは奇跡的に仲の良い親子だと言われます。

これは、やはり母子家庭効果(笑)だと思うんですよね。

つまり、お母さん1人でこんなに頑張ってくれてるんだから大事にしないと申し訳ない、という子供心が働くわけです。

前にも書きましたが、親が楽をしてお金を稼いでいると、育ててくれていることにさほど感謝しない子供が出来上がります。

親が家のこともやらないで遊び歩いていれば尊敬するきもちなんて湧かないでしょう。

でも、親が身を粉にして自分達の幸せのために頑張ってくれているのを響き見ていたら、大事にするのが当たり前になります。

私は別にそれを狙ったわけではありませんが(笑)、結果的にそういうことになりました。

もちろん私だって聖人君子ではないので、ダメなところとかたくさんありますが、それでも子供たちは本当に優しく、いつも心から感謝してくれるのです。

母子家庭じゃなくてもそれは可能です。でも、親が目の前でいがみ合ったりすると、どんなに頑張って育ててくれても親への嫌悪感は拭えないのです。父母両方が身を粉にして頑張り、お互いを労わりあうことができればそれは可能だと思いますが、なかなかそんなケースは見つかりません。

母子家庭は辛いことが多いかもしれませんが、自分が頑張れば必ず素晴らしい家庭が築けます。

だから、もし今結婚生活を続けることが死ぬほど苦しいと思っている人がいたなら、どうか怖がらないで、自分の幸せを見つけてくださいね!