新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

元食品会社社員が思うこと!「広告に騙されないで!」

f:id:bosikateinokotu:20181205213117j:image

 

最近、医療関係の本を読み漁ってます😅。

 

いろいろやりたいことはあるけど命がなくなってしまえば全てが終わってしまうので、やっぱり押さえるべきはここなんじゃないかという結論に達したわけです。

 

 

その中で気付いたことがあります。

 

 

私は、自分のからだなのにその仕組みを何も知らないということに。

 

 

仕組みも知らないで、お医者さん任せにしていることの不思議。

 

確かに、からだの仕組みは難しいから素人が全て把握するなんて無理ですよね。でも自分の中で起きていることですもの、どの臓器がどんな役割を果たしているのかさえわからないなんて考えてみれば本当におかしな話。

 

今まで特別興味を持たなかったので、なんとなく程度の知識しかありませんでした。

 

でも、今こうして学んでいると、それがどんなに大事かがよくわかります。

 

 

そして、ネットで

「これを飲んでスリムな身体に!」とか「これさえ飲めば若返りも夢じゃない!」なんてイメージをガンガン流していますが、

からだの仕組みを少しでも知っていれば

そんなことあるわけないじゃん、とすぐわかるのです。

 

 

身体はいろんな臓器が様々な栄養素をそれぞれで取り込み、そして分解して生命の維持に役立てています。

 

だからこそ、偏った食生活はだめなのです。まんべんなく各臓器を機能させていかなければならないから。

 

私はかなり前、比較的名の知れた大きな会社で働いていました。だからよくわかるのですが、企業は自分たちの利益のためなら法に触れない限りどんなことでもする可能性があります。

 

ト◯タのカイゼン

 

この言葉、経営の世界では有名な標語となっていますが、私はこの話の説明で「原価があるうちはカイゼンできる」という件を聞いて寒気がしました。お客様を想う商人の魂はどこにあるのだろう、と。

 

そんな、利益しか見えない巨人の中にいる、勉強のできる言葉の達人たちが、あの手この手で私達に商品を買わせるのがマーケティング。

 

大衆はこんな言葉に弱い。

大衆はこんなものに飛びつく。

 

そういった策略を、さも立派なことをしているかのように語り合うマーケティング会議。

 

売り上げ目標をクリアするために、いかに原価を下げていかに売れるものを作るかの戦い。

 

 

私はかつてその中で働いていました。

そして、当時はそれがおかしなことだなんてまったく気づきませんでした。

 

でも、食品表示や漢方薬や心理学や栄養学を学んでいくと、やはりそれはおかしいと気づいたのです。

 

(もちろんそうじゃない優良な会社もたくさんあると思います、たくさんあると信じたいです☺️)

 

では、どうしたらイメージに騙されずに済むのでしょう?

 

 

それにはやはり勉強するしかありません。

 

勉強はめんどくさいですよね(笑)。でも、自分の身体は自分で守るべきだと強く思うんです。

だから、私が学んだことはここでみなさんにお知らせしていきたいです😊✨。

 

 

★この本はからだの仕組みを知るとっかかりには最適です😊↓とてもわかりやすくてためになりますよ〜

人が病気で死ぬワケを考えてみた

人が病気で死ぬワケを考えてみた