新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

進化版時短バーグ

時短バーグ

昨日の夜、明日のお弁当何にしようかと冷凍庫の中を見てみると、ブタくんの挽肉が入っているだけ。

挽肉は一昨日そぼろ丼で登場しています。

時間がないと大体そぼろ丼か豚の生姜焼きで乗り切ってきた私。

これは久しぶりにもうひと手間かけるしかない!と、黄金のレシピを登場させることにしました。

前にも書きましたが、この時短バーグ、ますます進化を続けているんです。

では、最新の時短バーグ情報をお伝えしますね!

<前夜の仕込み>

①挽肉1パック(大体300gぐらい)を冷凍庫から冷蔵庫にうつす

(これがあるとないとでは大違いなので是非やっておいてください)

<当日朝>

②手前冷凍玉ねぎ(フードプロセッサーで微塵切りにして冷凍したもの)か、市販の冷凍玉ねぎを用意。無ければ玉ねぎをすりおろしたりスライサーで薄切りにしてもいけます。量は大さじ3杯以上ならオーケー)

③ポリ袋に①と②を入れて揉み込みます。

④フライパンにオリーブ油を入れて火にかけます。

⑤③に塩胡椒、卵1個、あればパン粉大さじ3を入れて更に揉み込みます。

⑥フライパンに⑤をドサっと入れて、フライ返しでのばします。(つまり、フライパン一面にハンバーグ種が乗っかるという感じ)

⑦蓋をして弱火で焼き、周りの色が変わってきたらフライ返しでケーキを切るように8当分します。

⑧8当分したものを一個づつひっくり返していきます。

⑨最後にケチャップ2回り、ソース2回りかけてグツグツ5分。

キャベツの千切りを軽くレンジで温めた上に、この時短バーグを乗せると、かなり手をかけた感が出ます。

今朝は子供達がこれを見るなり

「うわあ、お母さん朝からハンバーグ作ってくれたの?ありがとう〜!すごくうれしい!」と言ってばくばくご飯を食べていました。

あ!お弁当の分がなくなる〜!

そんなわけで本当に簡単にできますよ!

忙しいシンママのみなさんに、ぜひおすすめしまーす!