新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

母親に厳しい娘の本音

娘は私に対して非常に厳しいんです。

昔はママ、ママ、と誰にも懐かず、私じゃなきゃ絶対ダメだったのに。

なにその服!ダサ!

今の一言めちゃ傷ついた!ママ嫌い!

何度言ったらわかるの?信じられない!

どうせ言ってもわからないじゃん。

もうやめて!大人のくせに!

などなど。

憎たらしいことこの上なし。

私にしてみればわざとやっているわけではないので、お手上げ状態。

わざとじゃないでしょ!

なんでそんなにきついこと言うの?

ママが苦労してるのわからないの?

などと逆襲してしまいます。

で、最近は娘が折れてきて

ママ、ごめんね、私が悪かった。

と謝って終わる感じでした。

あーあ、小さい頃はかわいかったなあ…という思いと、もしかしたら私の化けの皮が剥がれて評価が著しく下がっているんじゃないだろうかという思いで、ちょっと寂しくなっていたんです。しかも元夫のことは褒めて庇いまくるんですよ。私と息子が昔のひどかった思い出を語るだけで

パパはかわいいの!純粋なの!

と庇う…

なんでやねん、という感じでした。

ところが今朝、娘が鼻歌を歌いながら私に言いました。

ママってさ、ほんとすごいよね。神。

え?

だ、だっていつもブリブリ怒ってるじゃない?ママにはすごーく厳しいよ?

すると娘は

あのさ、私はママのこと神だと思ってるわけ。だから神が不完全だと悲しいから言うの。パパはもともと不完全だから褒めてあげなきゃかわいそうでしょ?

と言いました。

へえー。

そういう心理だったのね、としみじみ…

娘は、母親に完璧でいてもらいたいから厳しいんですね。

一方、別れた元夫を庇うのは、かわいそうだからなんだ…と、わかりました。

皆さんのお子さんが元旦那を庇ったとしても、それは憐れみの気持ちから来ているとのことなので気にするのはやめましょうね(笑)。

私達母親は「神」待遇なんですから。