新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

大企業の友達が羨ましいと思った時

昨日はかつての職場の同僚との飲み会でした。

そこで改めて給料や福利厚生が驚くほど違うことを嫌という程思い知らされました。

もちろん、なんで辞めたんだろう、私のバカ…という気持ちも浮かんで来ますが、これは私がいつも皆さんにお話ししている「DNAがしかけてくるくだらない罠」なのでスルー。

それよりもみんなの仕事の話に焦点をあてると…

大きい会社になればなるほど、人件費カットの波が大きいようで、その内容を聞いていると震えがくるほど厳しいのです。

笑いながら愚痴る友人たち。

でも、それ、壮絶ですからね〜!!!!

労働基準法の絡みで残業も休日出勤も禁止され、でも効率化せよと人やスペースを削られ、それでも成果を上げなければ出世から外される。せっかく出世しても役職定年で早々に管理職とさよなら…

就職難なので若い社員のレベルが高すぎてついていけない、など、これで病まないなんて凄すぎませんか?と私は心底恐ろしくなりました。

負け惜しみではなく、私はそんな中ではとてもやっていけなかったので、いくらお金をもらってもそんな毎日耐えられません。

友人たちは私を気の毒がるけど、そこそこの難易度でそこそこのお金をもらっても人生を謳歌する今の生活は、私結構気に入ってます。

もちろん能力のある人は別ですが。

この実情を知らない人は大企業に行くことが一番の幸せだと本気で信じていますが、それはその人の能力によるんだよおと私はしみじみ思うのです。

お金って怖いです。

お金を得るにはそれなりの犠牲が伴うんですもの。

そういえば、私の友達に大自然の中で暮らしている人がいます。都会に住む私とは光熱費や食費などが全く違います。だから稼がなければならない金額も低くなるわけです。

でも、おもしろいことにそういうところには仕事がないんですよね。人がいないから。

でも私は彼女の暮らしに憧れてしまうんです。お風呂もないし水が出なくなることもある。だけどものすごく真っ当な気がして。

お金は本当に恐ろしいです。

お金のために人はなんでもするようになります。そして本当に必要なものがわからなくなる…

もしかしたら、人間が作ってしまった原爆より恐ろしい凶器なのかもしれません。

本当の幸せってなんなんだろうと、深く考えなければならないと私は今思っています。