新)母子家庭のコツ!

小さい子供二人抱えて途方にくれていた専業主婦の私が、数々のコツを掴んでついに管理職となり、二人の子供たちも有名私大に入学!今は三人で自由に仲良く暮らしています(ここ数年で2人とも独立しました)。 そのコツを全部みなさんにご紹介します!

働き始めた娘の安全地帯

どんな娘さんも、しっかりしているようでとても寂しがり屋なんだと思います。

私は娘が突然何てこともないラインを送ってきた時は出来る限りご飯食べて帰ろうと誘うことにしています。

帰り早い?

寒いねー

ただのスタンプ

などなど…

こんな時は必ず何かある時なのです。

ただのファミレスでもいいから一緒に何か食べて、ドラッグストアで必要なものを買ってあげます。

それだけで娘はとても嬉しそう。そして会社でのことをあれこれ話し続け、満足して寝てしまいます。

娘も社会人となり、すっかり忙しくなりました。

だからこちらからはあまり連絡はしないのですが、

朝は必ず一緒にご飯を食べ、夜も可能な限りお茶を飲むようにしています。

テレビをつけて一緒に見ているだけのこともあります。

娘が夢中で誰かとラインしていることもあります。

でも私はそこにいて、いつでも話せる状態でスタンバイしています。

たかだか15分ではありますが、それだけでもとても価値ある時間だと思っているんです。

結局、母親ほど無神経にいろいろ話せる相手はいないから。

会社で気を張って生きている分、必ずストレスがたまっているはず。

何も考えずに話すことが何よりのカウンセリングだということを私はよくわかっているのです。

求められるまで、決して意見せず、笑顔でそばにいる…

1日15分でもいいから。

女の子はいつまでも寂しがり屋なんです。

だって私もそうですから(笑)。